住宅診断とは

家の健康診断

住宅を購入する際や、自宅を売りに出す前には、できる限りその家の状態を把握しておく必要があります。

しかし、ごく一般の人にとっては、家・住宅・建築物の状態というのは、見た目で「ちょっと古いかも」「壁が傷んでそう」というくらいしかわかりませんよね。実際の家の状態に見合った金額で取引をしなければ、あとあと後悔したり、クレームが発生してしまう可能性も避けられません。

そこで、近年注目されているのが「住宅診断」という方法です。
住宅診断とは、住宅診断士と呼ばれる専門家が、家の状態を多角的に調査し、診断してくれるというものです。家の健康診断のようなもの、と考えるとイメージしやすいでしょうか。基本的には目視によって家の状態をチェックしていきます。

屋根の状態や外壁、室内、床下など、いくつものチェック項目について、専門家が厳しく調査を行います。

その結果、問題がなければ住宅診断はそれで終了となりますが、何か問題があるようであればさらに専門的な調査を行い、詳しい状況の説明を受けることとなります。

 

安心材料としての住宅診断

住宅診断は、新築でも中古でも、物件を購入する際に「安心材料」として利用を考える人が大半です。
新築物件の場合などは、第三者による住宅診断を希望すると、不動産会社やハウスメーカーなどから嫌な顔をされることもあるようですが、施工に自信があるメーカーであれば快く検査を受け入れてくれるでしょう。

住宅診断を行う住宅診断士というのは、医者や弁護士のような国家資格ではないのですが、「日本ホームインスペクターズ協会」という団体による「JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)」という民間資格をはじめ、一般社団法人住宅管理・ストック推進協会や建築士会によるものなど、独自の規定による民間資格があります。

住宅診断士は、2009年に開始された新しい資格なので、わが国ではまだそれほど知名度はありませんが、欧米では不動産取引の際の住宅診断はごくあたりまえのものとなっていることから、今後日本でもさらなる普及が予想されます。